プチプラコスメとは?プチプラコスメの定義はあるの?様々な視点からそもそも定義があるか考えてみました。

プチプラコスメとは

まず「プチプラ」をコトバンクで調べてみました。

プチプラとは

プチプラ 値段が安いことを表す日本の俗語。「 プチ(小さい)プライス(価格)」の略。 ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意味で使われる。2010年以降に広まった言葉とみられ、若年層の女性を中心としたトレンドとなっている。

コトバンクより

コトバンクでは「値段が安い」としか書かれておらず、

「値段が安い」は人によっても住む地域・国によっても異なります。

当サイトが考えるプチプラの定義とは?

・ドラッグストア・バラエティショップ等で買える商品であること
・1,818円(税抜)以下の商品であること

上記2点をプチプラコスメである条件とします。

え??1,818円(税抜)???

1,818円って中途半端な数字じゃない??

と疑問に思うかたもいるかと思いますが、消費税が10%となったため、

税抜1,818円は税込1,999円になるのです。

つまり、2,000円未満の商品である事です。

しかし、この感覚については個人差がございます。

人によっては「1,000円以下」という方や「1,500円くらいまで」という認識の方もいらっしゃいますし、

中には最近100円ショップで販売されているコスメが、優秀・人気であるというクチコミも広がり、プチプラコスメは「300円以下」という認識の方もいらっしゃいます。

つまり人によってプチプラの定義は異なることが分かります。

一貫して言えるのは「お財布に優しい」という事です。

プチプラ製品販売店舗では?

プチプラ製品がより多く販売しているのが、ドラッグストアやドンキホーテなどの店舗です。

マツモトキヨシ、ココカラファイン、ウェルシア、ツルハドラッグなどが有名ですよね。

しかし店舗は東急ハンズやロフト、プラザなどもあります。

そこで、コスメ系有名ドラッグストアバイヤーさんや、バラエティショップの店頭に行きショップスタッフさん等、数名にインタビューしてみました。

結果、店頭では

「2,000円以上の商品の販売数が極端に落ちる」

という事でした。

棚に2,000円(税込)以上のものはほぼない。


人それぞれにコスメに対する月予算は大体決まっており、

特にドラッグストアでは有名ブランドを購入する時以外は、そもそもプチプラ購入目的がほとんどのようです。

そういったお客様の考えに合わせ、店舗の店員さんも商品を陳列する際、2,000円(税込)以下のものを選んでいるようです。


当サイトでは、

税抜1,818円までの商品をプチプラコスメ

と定義し、

日本のドラッグストア・バラエティショップで買えるものを中心に

国産ブランドだけでなく、最近注目の韓国コスメや、フランスなどのコスメ、

何でもありで、プチプラコスメについて紹介していく方針です。

コメント